Re start

好きなこと、気になること、生活、お金事情などなど30歳のスタイルで突き進むブログ

お金がない、節約節約するなら価値観を変えてしまおう!!そうすれば意外と気持ち楽になる

どうも専業主婦している林檎です。

先日ですね図書館で雑誌をパラパラめくっていたらとある雑誌に専業主婦のお小遣いって特集がありまして立ち読みしてきましたよ。

簡単に内容を話すと主婦で使えるお金がありませんとか、お小遣いがありませんとか、それに対しての悩み相談を解決するような話でした。

主婦の小遣いはどれくらいを見ると平均で2万とか書いてあったけど

えっ!!!2万ってすごくね!!!って話しです。

平均だから少し高めなのかもしれませんが・・・

2万もあればあれもこれもできちゃうよね!!

林檎お小遣いないけど・・・

だいたいやりくり上手さんとか、食費を削って節約料理とか節約節約の文字が・・・

節約するのもいいけどさ節約って疲れません?

節約が趣味ならいいけどさ

節約節約って言うなら節約じゃなくて価値観を変えた方がいいと思うよ!!

節約するなら考えを変えたらいいよって話です!!

生活基準を下げてしまえば楽

節約しないといけないってことは何かを我慢している証拠です。

例えばビール飲みたいけど発泡酒で我慢しようとか、エアコン設定温度を25度から28度に変更しようとかいろいろ節約することってあると思うけどそれを毎日しているといつの間にかそれが当たり前になってきます。

そうなれば節約ではなくて価値観が変わってきたってことです。

苦しい節約生活なら生活基準を下げてしまう

お金がないって日々悩んでいるならいっそのこと今の生活基準を下げてしまう!!

例えば家賃9万円のところに住んでいるなら6万円の物件に引っ越しをしてしまう。

毎月交際費ランチ代に1万円かかるなら、ランチの回数も減らす。

美容院に3カ月に1回行っているなら半年に1回に減らす。

子供の洋服は古着やお下がりで我慢する。

などなど今の生活基準を下げてしまうとお金に余裕が出てくるので毎日お金がないって悩んでいることから解放されます。

今までのような暮らしはできないけど、我慢した分余ったお金は貯金にもできるし他の用途にも回せますよ。

生活基準を下げるのは最初は我慢の連続かもしれませんが慣れ得てしまえばそれが当たり前になります。

生活基準は人それぞれです。上を見れば自分の暮らしがみすぼらしく感じるかもしれません。しかし人と比べてもしかたないです。自分と同じような暮らしをしている人もたくさんいますし、更に生活基準が低い人もいます。それでもその中で生活しています。

慣れとは怖い物ですが慣れることも大事なことです。

共働きでも専業主婦でも貯められる人は貯金ができる

よく聞くのは「うちは専業主婦だから貯金ができない」とか共働きでも「貯金ができない」って話です。専業主婦だったら自由に旦那さんの年収がある程度ないと貯金も思うようにできないでしょう。それでも決められた範囲で生活して貯金に回している主婦もたくさんいます。専業主婦だったら月に1万2万の貯金ができれば十分ではないでしょうか。毎月5千円でも1万円でも貯めていく精神力があるかないかの違いです。

毎月1万円余ったら貯金するのか自分のお小遣いにしてしまうのか

毎月1万円コツコツと貯めていけば10年間で120万円ですよ!!

これってすごいことじゃないですか!!

共働きでも貯金できないのよって言う人は生活レベルが高いからです。

生活レベルが高い人はいくらお金があっても足りなり!!

そんな人は月にいくら使っているのかきちんと家計簿付けてみて見直してくださいね!

まとめです

今回何が言いたかったのかって言うと頑張って節約節約してるくらいなら

いっその事、生活の価値観を変えてみてはどうですかって話です。

そして生活レベルが下がったからって気にしてる人は自分だけです。

周りの人は特に気にしていない、ていうか気にしてはダメ!!

隣の芝生は青く見える 他人の方がいいなって思っているうちは何も変わらないです。

今は少し生活レベルを下げてもまた上がるときもあります。

今専業主婦の人は自分がまた仕事できるようになれば収入も全然変わりますよね。

その時、その時で生活を見直すことが大事だと個人的に思っています。

偉そうなこと言って自分も30代のただの主婦ですよ。

今の生活レベルは正直低いけど、不満はありません。不満こぼしても何も変わらないし

今の生活の中でいかに楽しく暮らせるか考えた方が絶対いいと思うんですが

どう思います??